タランドゥス(横綱血統)

2011年10月12日

皆さん、私のこと覚えてます?(笑

すっかり虫熱は冷めたものの従来生き物好きなので細々と継続はしてます。
成虫のゼリー交換以外はほとんど放置の中ぼちぼち羽化&蛹化してきてます。

あーくさんに頂いたババ幼虫の内2頭がペアで羽化しました。
babai
ババオウゴンオニ ミャンマータニンターリ産
後は♂2頭で蛹中です。
♂に偏っちゃいました。
どれも小さいですね。(汗


と、同じくあーくさんに頂いた横綱タラ
yoko mes
♀1頭が羽化しました。
♀ではありますが厚み・横幅ともに申し分ない太さ!!
体長は48mmとそう大きくはありませんがフォルムは文句無しですね。
と、後の3頭は皆蛹中。
yoko sana
その内の♂の蛹です。
こちらも大きさはそんなにありませんがこれまた顎が太いです!
Pカップ→800瓶(2ケ月)→1400瓶(約6ケ月!?)でしたので
仕方ないですね。
これは羽化が楽しみです。


と、クワ飼育を始めてから数年、ついに幼虫がゼロになりました。
思えば年始(だっけ?)のパプのセット以降何もセットしてませんでしたねえ。
ふ、と思い立って既に羽化してペアで同居させていたフォルフォルのセットを
組んでみました。
for set
材は一年程糞だらけマットに漬け込んでたものです。
もうスポンジみたいにスカスカな感じ。(汗
それにチョイと水分を含ませました。
マットはLBマット・・・・なんですがおそらく何ヶ月か前に購入した物。
パサパサになってました。(汗
フォルはキヨタミで通算4~5回ぐらいチャレンジしましたがいずれもボウズ。
卵すら見た事ありません。
これで産んだら奇跡かな?
ま、ダメ元セットです。(苦笑

では、またネタがあればうpします。
数少ないんでいつになるか分かりませんがね。


drecom_harapekoyos at 22:27コメント(15)トラックバック(0) 

2011年03月26日

遅くなりましたが東北で未曾有の大惨事が起きてしまいました。
真偽も定かでない色々な情報が飛び交っておりしばしブログの
更新を見合わせておりました。
被災地ではまだまだ大変な時期でありこれからも長い戦いが
続くと思われますが一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、被害に遭わなかった我々は普段通りの生活を送り
被災地の復興を待つしかありません。

と、いう訳で虫の世話をしております。
sewa
ナッチャンと一緒にお世話です。
不謹慎かもしれませんがこうした普通の生活が
送れるってのは幸せな事なんですよね。
私が出来る事はこれぐらいですからね。
つまらない記事ではありますが、がんばってお世話してる様子を
お伝え出来れば、と思います。

では!
源八さんに頂き累代している大東ヒラタ。
daito me
daito os
まずは上手い事ペアで羽化です。
♂のサイズは約43mmです。
親♂は32mmだったので親超えは達成ですね。
今居る中ではこの♂が最大っぽいので50mm超えは
次世代で目指します。
ほんのり赤くてキレイですね。

次。
tara 4
あーくさんに頂いた横綱血統のタラ幼虫の菌糸交換を
しました。
sorapaさんのブログで勉強したチ○筋判定によると・・・

25g・23g→♂

23g・13g→♀

と、見事に雌雄分かれてくれました。
ま、私の判定なのでまだ分かりませんがね。
もう少し育ってるかな、と思ったのですがやはり常温管理
だったので温度が足りなかったんでしょうね。
tara mogu
♂はグローバルさんのカワラ1400瓶、♀は1000瓶に
投入です。
この瓶で羽化までいくかな?

と、セットしていたミラビリスノコ、割り出しましたが
ボウズでした!(泣
♀ももう弱っていてとても再セット出来そうにないので
ミラビの累代は断念しました。
人気種っぽいので沢山採りたかったんですが残念です。
たけろうさん、ごめんなさ~い!
面目ないです。



drecom_harapekoyos at 19:55コメント(12)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2010/2/24 Re start!
+50000hit